リフレクソロジー 講座紹介

リフレクソロジーのプロを目指す方には、マスターコースがお薦めです。

投稿日:

 今月からリフレクソロジーマスターコースの受講を開始されたMさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)は、実は私自身がリフレクソロジーの勉強を始めた約20年近く前に、おなじく勉強を始められた方です。

 しかし、さまざまな環境の変化や事情によって、しばらくリフレクソロジーから離れていました。ここにきて、またそのタイミングが来たようです。

 当時はリフレクソロジーが世間でも知られるようになり、またその数年後にはちょっとしたブームが来たという時期でした。なので、勉強をされる方も多くいらっしゃいました。

 その後、世間ではだんだんとそのブームも落ち着いて今に至りますが、私たちが行っているリフレクソロジーやアロマセラピーは、一時的に盛り上がるような派手なものでもなく、かなり地道な活動であるため、今もなお当時とあまり変化なく続いています。

 なごみのスクールで習得されるかたの多くは、まずはリフレクソロジーのマスターコースを受講されます。どこかに就職して施術を行うのではなく、自分自身の責任において、サロンを開いたり、訪問したりしての施術を行うことができる資格です。

 そのために、自分自身であらゆることの判断をしていくことになります。マスターコースでは、知識、技術の習得はもちろんのこと、ケースヒストリーという、実際の施術を行って記録する課題を通して、経験を積んでいきます。

 この経験値こそが、リフレクソロジーを行っていくために必要な部分であり、とても大切になってきます。そして、それができることこそが、リフレクソロジストの醍醐味でもあります。

 マスターコースについての詳細は、いつでもお問合せください。

 

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 リフレクソロジー, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

どんな方に対しても最適な施術ができること

なごみのサロンにお越しのお客様には、大病を経験された方が多くいらっしゃいます。その中でも特に多い疾患が乳がんです。 今では約10人に1人はかかると言われている疾患ですが、そのかわり早期発見できれば、5 …

教科書には書いていないことを学ぶアロマセラピー

  なごみでは、リフレクソロジーだけでなく、アロマセラピーを学んでいただくことができます。  今から20年以上前は、今のように「誰でも1度ぐらいアロマ(精油)使ったことがある」というほど、メジャーでは …

前進は、自分のためでもあり、続いてくる人達のためでもあります。

今日は、セルフリフレを周りの人に伝えたい3人の方が、それぞれ先生役となって、自分ならどのように伝えるかを披露する勉強会が行われました。 もともとはIさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)からの自主 …

自分の技術を磨くことは、自分のためだけでなく、その技術を受けられる方のためにも大切なことです。

リフレクソロジーの復習にきたSさんは、介護福祉士として障害者施設で働いています。(ご本人の了承を得て掲載しています。) そんな中で、毎月最終週の1週間、利用者さんにリフレクソロジーを行うのだそうです。 …

名古屋から東京へ。そこで得たものを、また持ち帰ってきます。

 今日から3日間、東京へ行きます。今回5つある目的のうち2つは、自分の技術や知識の研鑽のための研修です。  そのうちの1つ目は、私たちがマッサージを行う身体をもっと知るために、筋肉や骨のことを勉強する …