アロマセラピー お知らせ ボランティア リフレクソロジー 医療現場 技術確認 施設訪問 考え方 講座紹介

効果を出すためには、考え方が大切です。

投稿日:

岐阜県関市の特養、ほほえみ福寿の家でのボランティアに行ってきました。

毎月1度、アロマのオイルを使用して、足のリフレクソロジーを行なっています。

暖かくなってきたこともあり、冷えの酷さは冬場ほどではありませんが、車椅子で日中過ごしている方が多いため、やはりむくみや鬱滞のつよい方が多く見られます。

施術前
施術後

施術をすることで血行が良くなって、色が明るくなり、むくみも減ってすっきりしました。

ここで使うオイルは、マカダミアナッツオイルをベースに、数種類の精油をブレンドしています。

ブレンドする精油の選び方には、いくつもポイントがあります。

目的、対象者の状態、得たい効果、ブレンドしたらどんな香りになるか、など、毎回状況が変わるため、その都度考える必要があります。

それらを的確に選ぶことで、より効果を出していくことができます。

なごみでは、そのような考え方を学ぶことを重視していますので、教科書通りの、通り一遍のブレンドレシピなどは存在しません。

そのかわり、どんな状況であっても、より最適な方法を選んでいける知恵、技術を身につけていくことができます。

ご興味のある方は、こちらのスクール案内 から、よりご自身の目指す方向に合ったコースをご確認ください。

ご質問のある方は、こちら から、いつでもお問い合わせ下さい。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 アロマセラピー, お知らせ, ボランティア, リフレクソロジー, 医療現場, 技術確認, 施設訪問, 考え方, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

自分が発する立場であるためには、受け上手になることも大切です。

先日ボディトリートメントの復習に来られたIさんとNさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)。 それぞれに課題が見つかって、ご本人達もいろいろ体感されたようです。 今回は お互いにモデルになって手技を練 …

精油を抽出したあとの木片で足浴すると、とても温まります。

私が所属するRAHOSでは、毎年研修旅行にいきます。 今年は富山と岐阜で、精油を作る工程を見学したり、植物園巡りです。 私たちセラピストにとって、「精油は瓶に入った液体の状態で使うもの」ではありますが …

自分の身体で感じることができると、相手にも的確な施術ができるようになります。

リフレクソロジーの復習にきたSさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)は、介護福祉士で、今は障害者施設で働いており、その中で、リフレクソロジーの施術をしています。 Sさんはリフレクソロジーの他にボデ …

基本の身体の使い方がわかると、応用する幅が広がります。

リフレクソロジーの技術復習にいらっしゃったTさんとMさん(ご本人の了承を得て掲載しています)。 お二人とも高齢者施設でリフレクソロジーを週に1、2回程度行なっています。 Tさんは定期的に復習を受けられ …

一つの植物も、様々な用途に使われます。

写真は、先日富山で体験した、クロモジの木の精油の蒸留体験で得てきたものです。 後ろにあるペットボトルには蒸留水、黒い瓶には精油、右のボトルはクロモジの精油をブレンドして作ったスプレー。 さらに蒸留する …