好きなもの 考え方

ピンクの象を、思い浮かべないでください。

投稿日:

 「ピンクの象を思い浮かべないでください。」

 そう言われて、ピンクの象を思い浮かべない人はいるでしょうか。

 これ、私がかなり気に入っている「遊び」の一つなのですが、「これをしないでおこう!」と思えば思うほど、そこから逃れられなくなってしまうものなのです。

 人間の脳は、否定語についての認識はとても薄いらしく、「●●を考えないで」と言われても、それは難しく、「●●」のことに気が行ってしまうようなのです。

 そんな時、「●●のことを考えない」のではなく、「□□のことを考える」または「□□のことをやってみる」と、その時点で●●については消え去ってしまうのですね。

 人間、同時に2つのことをするのは難しいようです。

 私たちが施術をするときに、「手の力を抜きましょう」と言っていますが、「手の力を抜こう!」と頑張れば頑張るほど、手に力が入ってしまうということがあります。

 そんな時には、「ふくらはぎのことを考えて!」「自分にふくらはぎがあることを思い出して!」「ふくらはぎにちょっと力を入れてみて!」と言うと、不思議と手から意識が抜けて、力もよい具合に抜けていたりします。

 先日ある人が、「人の咳払いが気になってしょうがない」と言われていました。そんな時に「咳払い早くやめてよ!」と思っていると、もう気になって気になって、いてもたってもいられないとのことでした。

 そこで、自分の好きな音楽のメロディーを口ずさんでみたり、美味しいごはんのことを思い浮かべたりしてみることで、ちょっと気にならなくなるかもね、という話に至りました。

 ピンクの象を思い浮かべないようにするとき、私はきれいな富士山を思い浮かべてみようと思います ^ ^

 

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 好きなもの, 考え方
 ブログ記事一覧

関連記事

好きなものに囲まれていると、きっと豊かになります。

 なごみのサロンに長く通ってくださるお客様のお一人、いしこゆかさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)。彼女は私の友人でもあり、また世界を飛び回って活躍される、日本屈指の万華鏡に精通した方です。(ブロ …

折れることもあります。つい手を出したくなります。でも本人の力信じて、見守ることも、時には必要かもしれません。

我が家には、ペペロミアという植物があります。 もともとは、葉っぱが4枚程度で、高さが5センチ程度で挿し木されたものでしたが、どんどん育ち、ある時高さが20センチを超えました。 それからしばらくたったあ …

セラピストにとって、想像力を持つことはとても大切です。

私達が施設で施術をさせていくためには、そのためのいろいろな確認が必要です。 例えば、施術を受けられる方の立場になって、実際に受けてみることも、とても重要です。 自分と全く同じ体型や体調の人はいません。 …

大切なことはセラピストになることより、セラピストでい続けることです。

なごみでボディトリートメントの勉強を続けていたNさん、この度試験に合格しました! ここに至るまでには、いくつもの山を乗り越えてきています。 最初はリフレクソロジーを習得、そこで基本となる体の使い方手技 …

いきいきと生きることは、あたたかく、やわらかく、流れていること。

いきいきと毎日を生きることは、 あたたかく、 やわらかく、 流れていること だと思っています。 これとは反対に、 冷たく、 かたく、 かたまっていること は、死んでしまった状態です。 人間の生死はもち …