ボランティア リフレクソロジー 医療現場 施設訪問

リフレクソロジーは、コミュニケーションの手段でもあります。

投稿日:

先日、関市の ほほえみ福寿の家 に、ボランティアで伺いました。

梅雨の晴れ間でとても暑い日でしたが、皆さんなんとなく元気が無い様子でした。

普段はにこやかにおしゃべりされる方が下を向いてじっとしていたり、身体の冷えやむくみがいつも以上に感じられる方が多くいらっしゃいました。

晴れの日ではあっても、梅雨時はいろいろと不調になるようです。

施術前の足の様子
施術後の足の様子

この方は、とても足が冷えていて、色も紫がかり、乾燥によって皮がめくれていましたが、施術後は温かみが戻り、肌色になりました。

また、施術前からずっと黙って目をつぶっていたのですが、施術後は目を開けて、こちらをじっとみていました。

普段車椅子での生活をされる方は、足を動かす機会が少なく、足の血行が悪くなります。それは足だけでなく、身体全体の血行も悪くなります。

逆に言えば、足の血行をよくすることで、身体全体の血行もよくなります。

身近な人が定期的に施術をすることかできれば、よりよい体調を維持することもでき、またあまり会話ができない方であっても、手を通じてコミュニケーションをとることができる、リフレクソロジーにはそんな効果もあります。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 ボランティア, リフレクソロジー, 医療現場, 施設訪問
 ブログ記事一覧

関連記事

よい循環が、良い状態をつくりあげます。

 私たちが行う施術は、強い力をかけたり、一方的な圧を与えるものではありません。リフレクソロジーでも、ボディトリートメントでも、施術者から施術を受けられる方へ、何かが流れていき、またその流れがもどってく …

セラピストにとって、想像力を持つことはとても大切です。

私達が施設で施術をさせていくためには、そのためのいろいろな確認が必要です。 例えば、施術を受けられる方の立場になって、実際に受けてみることも、とても重要です。 自分と全く同じ体型や体調の人はいません。 …

リフレクソロジーのプロを目指す方には、マスターコースがお薦めです。

 今月からリフレクソロジーマスターコースの受講を開始されたMさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)は、実は私自身がリフレクソロジーの勉強を始めた約20年近く前に、おなじく勉強を始められた方です。   …

相手のことを考えるためには、余裕が必要です。

6月より、JREC主催のリフレクソロジーレギュラー講座の通学クラスを、なごみにて開催しています。 既に半分の授業が実施されで、11月の試験に向けてみなさん頑張っていらっしゃいます。 リフレクソロジーの …

私たちが提供する施術は、医療や介護の現場で取り入れていただいてます。

私が所属するラホスでは、介護施設や障害者の施設、病院などで、少しでも身体が楽になるための施術を行なっています。 全国に会員がいて、各々地元での活動も行なっていますし、また、提供できる技術を磨き続けるた …