サポートケアリフレクソロジー ボディトリートメント リフレクソロジー 講座紹介

相手に届くマッサージは、誰にでも習得することができます。

投稿日:2019年2月18日 更新日:

 なごみのスクールでは、ハンドマッサージを習得していただくことができます。基本的にはボディトリートメントの手技の中の一部になりますが、写真のように机上などで、肘から指先までのトリートメントを行うこともできます。

 この手技については、サポートケアリフレクソロジーの講座の中に含んでいます。施設などで座ったままの状態でも受けていただけるため、足のリフレクソロジーよりも手軽にできるメリットもあります。

 なごみで推奨しているハンドマッサージは、施術者が座って行うこともありますが、基本的に私たちは立った状態で行うことが多いのも特徴です。これは、単に手だけで行う ”手作業” のマッサージではなく、 ”体重を乗せて” 行うことが有効と考えているからです。

 この ”手作業” と ”体重を乗せて” 行うマッサージの違いを感じていただければ、受ける方にとっての身体への浸透の仕方が違うことをわかっていただけると思います。

 この ”体重を乗せて” マッサージをする、という技術は、もちろんハンドマッサージだけでなく、リフレクソロジーやボディトリートメントも同様に使っています。この時にもう一つ大切なのは、その体重が乗っていく方向です。

 とても単純なことのようですが、実際にきちんとした方向に体重を乗せることができると、施術を受けられた方にちゃんと届くマッサージになります。

 この技術にこだわるのは、この方法で行うことができれば、誰でもしっかりしたマッサージを行うことが可能だからです。見えない霊力のようなものを信じたい方もいらっしゃいますが、なごみではまず、それらに頼ったり憧れることなくできる技術を身に付けることを大切に考えています。

 

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 サポートケアリフレクソロジー, ボディトリートメント, リフレクソロジー, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

自分の進む道の先を行く人から学ぶことで、得るものがたくさんあります。

今日の富士山 ただいま東京に向かう新幹線です。今日は雲が多いのですが、富士山の頭はしっかり見えました。 日帰りの東京出張で、サポートケアの実技の定期的な復習と、それを教えるために必要なインストラクター …

活動を続けることができるのは、同じ気持ちを持つ仲間がいるからです。

いつもお伺いしている施設、「ほほえみ福寿の家」に、今回はIさんとNさんが同行してくれました(ご本人の承諾を得て掲載しています。) この施設に行くようになって、早10年になります。もともとは友人の知人が …

セラピストにとって、想像力を持つことはとても大切です。

私達が施設で施術をさせていくためには、そのためのいろいろな確認が必要です。 例えば、施術を受けられる方の立場になって、実際に受けてみることも、とても重要です。 自分と全く同じ体型や体調の人はいません。 …

アロマセラピーやリフレクソロジーは、代替医療としても、その効果を発揮します。

 私が所属する団体の一つ、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)では、代替医療としてのアロマセラピーやリフレクソロジーについて、その役割や効果などを知っていただけるよう、活動を続けています。 …

今年も、施術の効果をより多くの方に感じていただけるよう、進んでいきます。

 令和2年も、すでに1ヶ月を過ぎようとしています。  今月も、関市の特養、ほほえみ福寿の家にてアロマの精油を用いてリフレクソロジーの施術をさせていただきました。  暖冬ではあるものの、やはり車椅子など …