自然知食 講座紹介

自然知食とは、セラピストが提供する「食事の分析とアドバイスができる技能」です。

投稿日:2019年2月13日 更新日:

 昨日施術を受けに来られたNさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)は、先日自然知食の試験に合格されました。

 Nさんはこの4,5年の間で、リフレクソロジーのマスター資格を始めとし、そのリフレクソロジーのインストラクター、アロマセラピストなども取得され、ご自身のサロンも開いて頑張っていらっしゃいます。

 今回合格された自然知食とは、セラピストとして栄養の知識を身に付けたうえで、食事内容の分析と、適切なアドバイスを行うことができるようにするためのものです。

 リフレクソロジストやアロマセラピストにとって必要不可欠の知識、技能と位置付けているため、なごみで学ばれている方には、いずれその勉強をしていだきたい重要な内容の1つとなっています。

 私自身も15年ほどにこの勉強をしましたが、日々自分が口にしている食事から受けている影響がどれほどのものか、知っているようで全然わかっていなかったことを実感しました。

 私たちセラピストは、直接的には「施術」をしていますが、それ以上に大切に考えていることがあります。それは、施術前の「問診とその後のアドバイス」であり、それが全体の8割を占めるほど重要だと思っています。

 それは決して施術をおろそかにするといことではなく、適切な施術を行ったうえで、それ以上にクライアントの方の身体を良い方向へ向かわせるために大切なものが「問診とその後のアドバイス」だと考えているからです。

 その中でも重要なものの1つが食事、栄養だととらえています。それを学ぶことができる自然知食講座についての詳細は、いつでもお問合せください。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 自然知食, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

セラピストにとって、想像力を持つことはとても大切です。

私達が施設で施術をさせていくためには、そのためのいろいろな確認が必要です。 例えば、施術を受けられる方の立場になって、実際に受けてみることも、とても重要です。 自分と全く同じ体型や体調の人はいません。 …

私達が行うセラピーは、施術はもちろん、それ以上に大切にしていることがあります。

6月にボディトリートメントの試験を受けられるNさんから、試験の課題が提出されました。 私達が活動するラホスでは、アロマ、リフレクソロジー、ボディトリートメントなどの施術・セラピーをすることはもちろんで …

教科書には書いていないことを学ぶアロマセラピー

  なごみでは、リフレクソロジーだけでなく、アロマセラピーを学んでいただくことができます。  今から20年以上前は、今のように「誰でも1度ぐらいアロマ(精油)使ったことがある」というほど、メジャーでは …

基本の身体の使い方がわかると、応用する幅が広がります。

リフレクソロジーの技術復習にいらっしゃったTさんとMさん(ご本人の了承を得て掲載しています)。 お二人とも高齢者施設でリフレクソロジーを週に1、2回程度行なっています。 Tさんは定期的に復習を受けられ …

医療や介護の現場では、知識以上に必要なことがあります。

先日東京で技術確認をしてきた、サポートケアの手技、注意点などに留意して、早速現在受講中のNさんとSさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)の実技実習を行いました。 健常な方に行う手技は、ベッドと椅子を …