セルフリフレ 講座紹介

セルフリフレクソロジーのススメ

投稿日:2019年2月8日 更新日:

 今日は、なごみに長く通ってくださるIさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)と、セルフリフレクソロジーのスキルアップ講座を行いました。

Iさんは、リフレクソロジーのマスターコースで資格を取得後、さらにボディトリートメントアロマセラピストの資格を取得し、先月には、自然知食の試験も合格されました。

先日ご紹介したサポートケアも勉強されていますので、ボランティアにも同行してくださっており、現在もとどまることなく日々研鑽されています。

 今日行ったセルフリフレクソロジーは、なごみでは、セルフリフレ講座として気軽に受けていただくことができます。そのセルフリフレを、今回Iさんご自身が周りの方に伝えたい、ということで、そのためのポイントなどを確認していきました。

 そもそもセルフリフレクソロジーとは、名前のごとく自分自身に行うリフレクソロジーです。他者へ施術をするためには、いろいろと配慮することもあり、学ばなければならないことが多いのですが、まずは自分自身に対して行うことで、自分の身体とリフレクソロジーに触れていただくことが目的です。このセルフリフレを通じて、いろいろな発見をしていただくことができます。

 例えば、片足だけ行った後にもう片方と比べてみると、温度や色の差があること。また、リフレクソロジーは体内の老廃物を排出する効果が高いために、トイレに行くといつもとの違いを実感されることもあります。またリラックス効果も高いため、しばらく行っているとだんだん眠くなってくる方もいらっしゃいます。何回か続けてみると、身体が変化していくことも実感できます。

 リフレクソロジーの施術を受けたり、それを勉強することには興味があるけれど、その前にちょっと体験してみたい、という方にはとてもおすすめの講座です。詳細を知りたい方は、いつでもお問合せください。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 セルフリフレ, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

自分を治せるのは自分自身。セラピストはその手伝いをすることができます。

私達人間には、自分自身で治す力が備わっています。どんなに他人が働きかけても、最後は自分自身が動かなければ、治癒することはありません。 それは、逆に考えれば、自分がその気になることで、自分自身を治すこと …

どんな方に対しても最適な施術ができること

なごみのサロンにお越しのお客様には、大病を経験された方が多くいらっしゃいます。その中でも特に多い疾患が乳がんです。 今では約10人に1人はかかると言われている疾患ですが、そのかわり早期発見できれば、5 …

相手のことを考えるためには、余裕が必要です。

6月より、JREC主催のリフレクソロジーレギュラー講座の通学クラスを、なごみにて開催しています。 既に半分の授業が実施されで、11月の試験に向けてみなさん頑張っていらっしゃいます。 リフレクソロジーの …

技術や知識の伝達は、受け取り手を理解するところから始まります。

現在、リフレクソロジーマスターコースを受講中のMさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)が、実技練習のためにいらっしゃいました。 この日は、一つ一つの手技に対して、細かな留意点を確認していきました。M …

教科書には書いていないことを学ぶアロマセラピー

  なごみでは、リフレクソロジーだけでなく、アロマセラピーを学んでいただくことができます。  今から20年以上前は、今のように「誰でも1度ぐらいアロマ(精油)使ったことがある」というほど、メジャーでは …