サポートケアリフレクソロジー ボランティア リフレクソロジー 医療現場 技術確認 施設訪問 考え方 講座紹介

セラピストにとって、想像力を持つことはとても大切です。

投稿日:2019年5月27日 更新日:

私達が施設で施術をさせていくためには、そのためのいろいろな確認が必要です。

例えば、施術を受けられる方の立場になって、実際に受けてみることも、とても重要です。

自分と全く同じ体型や体調の人はいません。でも、そこに少し想像力を働かせることで、目の前の方がどのように感じるのか、考えを巡らせることはできます。

先日、サポートケアの講座の中でも、車椅子を想定した時の、足の位置について、いろいろと考える場面がありました。

施術するものにとっては、受けられる方の足を伸ばしてもらえれば、 施術しやすくなります。

しかし、受けられる方は、もしかしたら足を伸ばすことが困難かもしれません。また、伸ばしてしまうことで、座る体勢のバランスが悪くなり、どこかに力が入ってしまうこともあります。

実際に受ける立場で考える想像力を持つことができるようになることは、セラピストとしてとても重要なことの一つであると考えています。

 サポートケアリフレクソロジー, ボランティア, リフレクソロジー, 医療現場, 技術確認, 施設訪問, 考え方, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

相手に届くマッサージは、誰にでも習得することができます。

 なごみのスクールでは、ハンドマッサージを習得していただくことができます。基本的にはボディトリートメントの手技の中の一部になりますが、写真のように机上などで、肘から指先までのトリートメントを行うことも …

医療や介護の現場では、知識以上に必要なことがあります。

先日東京で技術確認をしてきた、サポートケアの手技、注意点などに留意して、早速現在受講中のNさんとSさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)の実技実習を行いました。 健常な方に行う手技は、ベッドと椅子を …

アロマセラピーやリフレクソロジーは、代替医療としても、その効果を発揮します。

 私が所属する団体の一つ、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)では、代替医療としてのアロマセラピーやリフレクソロジーについて、その役割や効果などを知っていただけるよう、活動を続けています。 …

自分の身体で感じることができると、相手にも的確な施術ができるようになります。

リフレクソロジーの復習にきたSさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)は、介護福祉士で、今は障害者施設で働いており、その中で、リフレクソロジーの施術をしています。 Sさんはリフレクソロジーの他にボデ …

セラピスト仲間の活動、活躍は、私自身の励みになります。

残念ながら雲の中の富士山 この2日間、東京に出張でした。 1日目は、RAHOSで活動する仲間でもある助産さんお二人を講師に招き、助産師ならではの現場でのトリートメントについて、実践を混じえて講義してい …