ボディトリートメント 技術確認 講座紹介

自分が発する立場であるためには、受け上手になることも大切です。

投稿日:

先日ボディトリートメントの復習に来られたIさんとNさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)。

それぞれに課題が見つかって、ご本人達もいろいろ体感されたようです。

今回は お互いにモデルになって手技を練習する相モデルで行いました。

相モデルでは、施術をするだけでなく、受けるという体験ができます。ここで感じる体感は、何よりも実感が大きく伴います。

この手の当てかたをされたら心地よい、あまり気持ちよくない、外れている、など、実際の感覚として受け取ることで、受け手がどのように感じるかを知ることができます。

施術をする立場で人に喜んでいただくには、自分が受け上手になることが、一つの方法でもあります。

話し上手は聞き上手、ということと似ていますね。

 ボディトリートメント, 技術確認, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

セルフリフレクソロジーのススメ

 今日は、なごみに長く通ってくださるIさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)と、セルフリフレクソロジーのスキルアップ講座を行いました。 Iさんは、リフレクソロジーのマスターコースで資格を取得後、さら …

教科書には書いていないことを学ぶアロマセラピー

  なごみでは、リフレクソロジーだけでなく、アロマセラピーを学んでいただくことができます。  今から20年以上前は、今のように「誰でも1度ぐらいアロマ(精油)使ったことがある」というほど、メジャーでは …

食べたもので、私達の身体はできています。

自分が毎日食べている食事で、どれぐらい栄養をとっているか、なかなか知る機会はないのですが、今年に入り、「4日間食べたものを全て記録する」という、かなりハードな作業をしました。 朝から全ての料理の材料を …

どんな方に対しても最適な施術ができること

なごみのサロンにお越しのお客様には、大病を経験された方が多くいらっしゃいます。その中でも特に多い疾患が乳がんです。 今では約10人に1人はかかると言われている疾患ですが、そのかわり早期発見できれば、5 …

施設や医療現場で役に立つリフレクソロジー

 今日は、サポートケアリフレクソロジーの実技講座を行いました。今日いらっしゃったNさんとSさん(ご本人の承諾を得て記事に掲載しています)は、昨年リフレクソロジーマスターコースで資格を取得されてから、さ …