自然知食 講座紹介

食べたもので、私達の身体はできています。

投稿日:

自分が毎日食べている食事で、どれぐらい栄養をとっているか、なかなか知る機会はないのですが、今年に入り、「4日間食べたものを全て記録する」という、かなりハードな作業をしました。

朝から全ての料理の材料を計り、食事を作って食べます。食材はもちろんのこと、調味料まで計測します。

その後、一つ一つの食材に含まれる栄養素を全て計算して、1日毎にそれぞれの栄養素の摂取量を算出(栄養価計算)します。

各栄養素には、摂取推奨量が決まっていますので、その数値と比較していきます。

今回の試みで、私はビタミンDの不足が浮き彫りになりました。ビタミンDは、主に魚類に多く含まれます。

今回の4日間、実は魚を全く食べていませんでした。普段はもう少し食べているのですが、意識していないと、いろいろ不足を招くことになることを、改めて感じました。

今回私が行った栄養価計算は、自然知食の講座でも行っています。人間は、食べたものによって身体が作られていますので、身体に現れるいろいろな症状も、食べ物に影響を受けていると言えます。

まずは自分自身の栄養摂取状況を知り、その上で、クライアントの方の状況を把握する一助にもなっていきます。

 自然知食, 講座紹介
 ブログ記事一覧

関連記事

植物から受け取っているものは、結構たくさんあるようです。

ニュージーランドの原生林 昨年末に行ったニュージーランドでは、日差しが強いこともあり、樹木の成長がとても早いそうです。 今から150年ほど前に、イギリスから来た入植者達が開拓をして、原住民のマオリ族と …

技術や知識の伝達は、受け取り手を理解するところから始まります。

現在、リフレクソロジーマスターコースを受講中のMさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)が、実技練習のためにいらっしゃいました。 この日は、一つ一つの手技に対して、細かな留意点を確認していきました。M …

施設や医療現場で役に立つリフレクソロジー

 今日は、サポートケアリフレクソロジーの実技講座を行いました。今日いらっしゃったNさんとSさん(ご本人の承諾を得て記事に掲載しています)は、昨年リフレクソロジーマスターコースで資格を取得されてから、さ …

ディプロマを手にしたら、そこからまた始まることがあります。

先日、自然知食の試験に合格されたIさんとNさんのディプロマが発行されました。ディプロマとは、資格の証明書のことです。 お二人とも、とても頑張っていらっしゃいました。 試験は大変だったと思いますが、これ …

自分が発する立場であるためには、受け上手になることも大切です。

先日ボディトリートメントの復習に来られたIさんとNさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)。 それぞれに課題が見つかって、ご本人達もいろいろ体感されたようです。 今回は お互いにモデルになって手技を練 …