リフレクソロジー 技術確認

アップデートしていない施術を受けていませんか?アップデートしていない施術を続けていませんか?

投稿日:2021年2月9日 更新日:

今日は、私が所属するJREC(日本リフレクソロジスト認定機構)のトップインストラクターのための実技チェックのための復習会が開催されました。

私たちインストラクターは、常によりよく、そして最新の情報をアップデートして施術をしていくために、半年に1度、JREC理事でもある川口香世子先生により、技術チェックを受けています。

このコロナ禍においては、通常通りの対面では開催できないため、オンラインで行えるデモンストレーションの確認が実施されました。

今回、私の復習ために足のモデルをしてくれた友人が、私の知らないうちに写真を撮ってくれていました。

そして、「こんな風に技術をアップデートし続けているセラピストって、少ないんじゃないのかなあ」と言ったのです。

目からうろこの発言でした。

私もかれこれ20年近くこのようにリフレクソロジーに携わってきましたが、このように復習をすることは、当たり前のことだと思ってきたからです。

しかし「それはきちんと伝えた方がよいと思う」と友人に言われました。

私たちの施術は、とてもシンプルではありますが、その分きちんとした手技を行うには、様々なことに配慮した上で行う、実は難度が高いものだと自負しています。

というのも、どんな方に対してもできる、つまり健康な人だけでなく、高齢者や障害者、また病気を持つ方に対しても行うことができるものであるため、それだけの知識と技術が必要になるのです。

そんな技術を提供し続けるためには、やはり現在の自分の状態を知り、そしてより良いものを知る必要があるのです。

今日はデモンストレーション、つまり、私たちがインストラクターとしてリフレクソロジストを目指す方たちに技術をつたえるために必要なことを確認する会でした。

次回は、自分の実技そのものの確認するべく、このコロナが落ち着くのを願って対面でのチェックができる日を迎えたいと思っています。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 リフレクソロジー, 技術確認
 ブログ記事一覧

関連記事

技術はだんだん変化するもの。だからこそ確認が大切です。

 なごみが今の名古屋に移転してから、早いもので13年が経ちました。移転前からなごみに通ってくださっていたTさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)は、ほぼ半年に1度リフレクソロジーとボディトリートメン …

どんな方に対しても最適な施術ができること

なごみのサロンにお越しのお客様には、大病を経験された方が多くいらっしゃいます。その中でも特に多い疾患が乳がんです。 今では約10人に1人はかかると言われている疾患ですが、そのかわり早期発見できれば、5 …

対面での勉強会も開催しています。

なごみで勉強されている皆さんと、コロナ禍ではありますが、集まって勉強会を開いています。(もちろん感染対策をして!) 身体に触れる仕事であるからこそ、身体のことを知らずにはできません。 表面に見えている …

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …

相手のことを考えるためには、余裕が必要です。

6月より、JREC主催のリフレクソロジーレギュラー講座の通学クラスを、なごみにて開催しています。 既に半分の授業が実施されで、11月の試験に向けてみなさん頑張っていらっしゃいます。 リフレクソロジーの …