リフレクソロジー 技術確認

自分の身体で感じることができると、相手にも的確な施術ができるようになります。

投稿日:

リフレクソロジーの復習にいらっしゃったSさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)は、介護福祉士をされていて、今は障害者施設で働いており、その中で、リフレクソロジーの施術をされています。

Sさんはリフレクソロジーの他にボディトリートメントの資格も取得されていて、定期的に復習にいらっしゃいます。

私達が行うリフレクソロジーの手技は、基本的には手作業ではなく、身体を使った施術です。その技術は、微妙な身体の向きや位置などが決まることで、その効果が期待できます。

Sさんの素晴らしいところは、その微妙なズレを修正した時に、正しい状態を身体の感覚として捉えることができるところです。

簡単なようで、実はとても難しいことなのですが、この感覚がわかることが、技術を再現できることにつながってきます。

手技を一通り覚えて、なんとなく施術することは意外とすぐにできるのですが、本当に相手の身体に効く施術をしていくのは、とても鋭い身体の感覚が必要になってきます。

それを磨くために、私自身も含め、技術の確認、復習が不可欠だと考えています。

 リフレクソロジー, 技術確認
 ブログ記事一覧

関連記事

前進は、自分のためでもあり、続いてくる人達のためでもあります。

今日は、セルフリフレを周りの人に伝えたい3人の方が、それぞれ先生役となって、自分ならどのように伝えるかを披露する勉強会が行われました。 もともとはIさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)からの自主 …

骨を制して、身体を知ることができます。

足の骨のモデル  リフレクソロジーを学ぶ時、足の骨を理解することがとても重要です。実際に見て触れることができるのは、表面に見えている皮膚ですが、骨の構造がわかるからこそ、足の各部分のことが理解できるか …

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …

どんな方に対しても最適な施術ができること

なごみのサロンにお越しのお客様には、大病を経験された方が多くいらっしゃいます。その中でも特に多い疾患が乳がんです。 今では約10人に1人はかかると言われている疾患ですが、そのかわり早期発見できれば、5 …

自分を治せるのは自分自身。セラピストはその手伝いをすることができます。

私達人間には、自分自身で治す力が備わっています。どんなに他人が働きかけても、最後は自分自身が動かなければ、治癒することはありません。 それは、逆に考えれば、自分がその気になることで、自分自身を治すこと …