メンテナンス 東洋医学 解剖生理 陰陽五行

人間が生きているのは、あたたかくて、流れていて、柔らかいからです。

投稿日:

 人間が生きていると言えるのは、「あたたかくて、流れていて、やわらかいこと」だと、この十数年の間に勉強してきた中で学びました。

 逆に、生命がなくなってしまうと、「冷たくて、動かなくて、硬く」なってしまいます。

 この考えは、写真のようなイメージを持つとわかりやすく、常に私の中にあります。

 鍋のなかに入っている液体が、温かく動くように、下から温めます。火が消えてしまうと、液体は冷たく動かず硬くなってきます。人間でいえば、これは流れるもの全てに当てはまるので、血液などの液体はもちろん、神経の伝達に関わる物質の流れなどもあります。

 もう一つ大切なのは、温めすぎて湯気がでて、発散させてすぎてしまうと干からびてしまうことです。そうなると、やはり液体は固まってきてしまいます。これは、人間でいえば、気が抜けてしまう状態とも言えます。

 そのために、写真には無い、蓋をしてあげることも重要になってきます。この働きが、人間の肺で行っている呼吸になります。

 このような東洋医学的な考え方からも、自分達の身体のことを考えていくことができます。

 身体のパーツごとの働きをきちんとおさえた西洋医学的な「解剖生理学」でのベースを持った上で、身体を全体としてとらえる東洋医学的な「陰陽五行」といった考え方も、私たちの考え方に取り入れています。

 メンテナンス, 東洋医学, 解剖生理, 陰陽五行
 ブログ記事一覧

関連記事

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …

自分自身をちゃんと見てあげると、幸せを感じることができます。

 なごみでは、スクールで技術などを学んでいただく他に、その技術を受けていただくことのできるサロンも開いています。  なごみのサロンには、日ごろとても頑張っている方が多くお越しくださいます。毎日お仕事を …

現れている症状の奥にある原因を知ることが、改善への糸口になります。

時期を問わず、むくみや冷えを気にされている方が多くいらっしゃいます。先日いらっしゃったお客様は、毎日デスクワークをされていて、足のむくみが気になるとのことでした。 そのため、今回はリフレクソロジーを希 …

好きなものに囲まれていると、きっと豊かになります。

 なごみのサロンに長く通ってくださるお客様のお一人、いしこゆかさん(ご本人に承諾を得て掲載しています)。彼女は私の友人でもあり、また世界を飛び回って活躍される、日本屈指の万華鏡に精通した方です。(ブロ …

骨を制して、身体を知ることができます。

足の骨のモデル  リフレクソロジーを学ぶ時、足の骨を理解することがとても重要です。実際に見て触れることができるのは、表面に見えている皮膚ですが、骨の構造がわかるからこそ、足の各部分のことが理解できるか …