セルフリフレ リフレクソロジー

前進は、自分のためでもあり、続いてくる人達のためでもあります。

投稿日:

今日は、セルフリフレを周りの人に伝えたい3人の方が、それぞれ先生役となって、自分ならどのように伝えるかを披露する勉強会が行われました。

もともとはIさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)からの自主的な発案で、同じ思いを持つNさんとSさん(こちらのお二方も、ご本人の承諾を得ています)にも声をかけて、行うことになりました。

それぞれが、自分がどのように進めるかを、実際のワークショップのように行い、その後意見交換をして、お互いに得るものがあったようです。

私は、オブザーバーの立ち位置で参加しました。私自身も、いろいろと気づかされることがあり、よい時間を過ごすことができました。

こちらは、片方だけ施術した後の足の様子です。写真ではわかりづらいですが、明らかに左の方が白っぽくなっていて、ご本人も左足だけ温かさを感じていました。

皆さんがいろいろ自分で考えながらこの先も進んでいける道を、少し先に行くものとして進んでいきたいと、改めて思いました。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 セルフリフレ, リフレクソロジー
 ブログ記事一覧

関連記事

なごみでは、まずなにができるかを知るための、体験ができます。

毎年夏休みになると、必ず来てくださる方々がいます。名古屋市内の養護学校の先生で、かれこれ12年以上になります。 元々は、先生たちの夏休みの自由研究のようなもので、アロマを中心に1日体験される、というも …

心地よさを感じることで、自然治癒力を高められます。

リフレクソロジーを介護現場に取り入れることを考えられているという看護師さんが、先日技術の練習にいらっしゃいました。 私達が行うリフレクソロジーは、よくテレビなどで見られる、「とても痛い! 」施術ではあ …

なごみの特長の一つは、完全に個人対応で学習できることです。

なごみにリフレクソロジーやアロマセラピーを学びに来られている方の多くは、それらを習得した後に果たしたい目的を持っています。 ある方は独立開業するために、またある方は自身が働く施設などで、それらの技術を …

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …

大切なことはセラピストになることより、セラピストでい続けることです。

なごみでボディトリートメントの勉強を続けていたNさん、この度試験に合格しました! ここに至るまでには、いくつもの山を乗り越えてきています。 最初はリフレクソロジーを習得、そこで基本となる体の使い方手技 …