セルフリフレ リフレクソロジー

前進は、自分のためでもあり、続いてくる人達のためでもあります。

投稿日:

今日は、セルフリフレを周りの人に伝えたい3人の方が、それぞれ先生役となって、自分ならどのように伝えるかを披露する勉強会が行われました。

もともとはIさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)からの自主的な発案で、同じ思いを持つNさんとSさん(こちらのお二方も、ご本人の承諾を得ています)にも声をかけて、行うことになりました。

それぞれが、自分がどのように進めるかを、実際のワークショップのように行い、その後意見交換をして、お互いに得るものがあったようです。

私は、オブザーバーの立ち位置で参加しました。私自身も、いろいろと気づかされることがあり、よい時間を過ごすことができました。

こちらは、片方だけ施術した後の足の様子です。写真ではわかりづらいですが、明らかに左の方が白っぽくなっていて、ご本人も左足だけ温かさを感じていました。

皆さんがいろいろ自分で考えながらこの先も進んでいける道を、少し先に行くものとして進んでいきたいと、改めて思いました。

 セルフリフレ, リフレクソロジー
 ブログ記事一覧

関連記事

よい循環が、良い状態をつくりあげます。

 私たちが行う施術は、強い力をかけたり、一方的な圧を与えるものではありません。リフレクソロジーでも、ボディトリートメントでも、施術者から施術を受けられる方へ、何かが流れていき、またその流れがもどってく …

自分の身体で感じることができると、相手にも的確な施術ができるようになります。

リフレクソロジーの復習にいらっしゃったSさん(ご本人の承諾を得て掲載しています。)は、介護福祉士をされていて、今は障害者施設で働いており、その中で、リフレクソロジーの施術をされています。 Sさんはリフ …

自分を治せるのは自分自身。セラピストはその手伝いをすることができます。

私達人間には、自分自身で治す力が備わっています。どんなに他人が働きかけても、最後は自分自身が動かなければ、治癒することはありません。 それは、逆に考えれば、自分がその気になることで、自分自身を治すこと …

現れている症状の奥にある原因を知ることが、改善への糸口になります。

時期を問わず、むくみや冷えを気にされている方が多くいらっしゃいます。先日いらっしゃったお客様は、毎日デスクワークをされていて、足のむくみが気になるとのことでした。 そのため、今回はリフレクソロジーを希 …

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …