サポートケアリフレクソロジー 医療現場 施術 施設訪問

活動を続けることができるのは、同じ気持ちを持つ仲間がいるからです。

投稿日:

いつもお伺いしている施設、「ほほえみ福寿の家」に、今回はIさんとNさんが同行してくれました(ご本人の承諾を得て掲載しています。)

この施設に行くようになって、早10年になります。もともとは友人の知人がいる施設ということで紹介していただいたことがきっかけでした。

その知人もすぐに転勤となり、担当のスタッフの方々も様変わりする中、続いてきました。

これだけ続けて来られたのは、ひとえに、毎回同行してくれる人がいたことです。当スクールなごみで勉強をして活動をされる方々が、毎回必ず手を挙げてくれました。

少なくともお一人、多ければ3人ほどは同行してくれるため、毎回1時間半の時間内に、約10人から15人の利用者さんの施術をすることができます。

ほとんどの方が車椅子生活をされており、足の血行不良による様々な症状がでている方が多いため、やはり一人でも多く施術を受けられることを望まれます。

施術前の状態

施術後の状態

この方は、靴下の模様の跡がくっきり残るほどむくみがありましたが、リフレクソロジーによって、その凹みもなくなり、色も明るくなりました。

ご本人も、足が軽くなって、楽になると喜ばれていました。

このような活動が10年続き、単純に考えてものべ1000人以上の方の施術をしてきたことになります。

もちろん、私一人ではありません。一緒に活動し続けていける仲間の存在はとても大きく、頼もしく思います。

これからも、よろしくお願いします。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 サポートケアリフレクソロジー, 医療現場, 施術, 施設訪問
 ブログ記事一覧

関連記事

問題が起こったら、その原因要因がどこにあるのかを探ると、自ずと解決することができるようになります。

今日は平成最後の、介護施設へのボランティアでした。 今日も、初めて施術を受けられる方がお一人いらっしゃいました。 初めはとても警戒されていて、片足を始めて間もなく、眉間にシワを寄せながら、もういい!金 …

続けていると、新しい出会いがあります。

やぎの ”ともくん” 今日は岐阜県関市にある特養、ほほえみ福寿の家に伺いました。こちらへは、月に一度、リフレクソロジーのボランティアのために訪れています。  毎回、やぎの ”ともくん” もお迎えしてく …

技術や知識の伝達は、受け取り手を理解するところから始まります。

現在、リフレクソロジーマスターコースを受講中のMさん(ご本人の承諾を得て掲載しています)が、実技練習のためにいらっしゃいました。 この日は、一つ一つの手技に対して、細かな留意点を確認していきました。M …

今年も、施術の効果をより多くの方に感じていただけるよう、進んでいきます。

 令和2年も、すでに1ヶ月を過ぎようとしています。  今月も、関市の特養、ほほえみ福寿の家にてアロマの精油を用いてリフレクソロジーの施術をさせていただきました。  暖冬ではあるものの、やはり車椅子など …

これから介護施設で活躍される方にも、アロマセラピーの良さを知ってもらいたいのです。

以前よりリフレクソロジーやアロマセラピーの講座を受けもたせていただいている ナゴノ福祉歯科医療専門学校で、ハンドマッサージの特別講義をしました。(写真は学校の了承を得て掲載しています。) 始めに13種 …