サポートケアリフレクソロジー ボランティア リフレクソロジー 医療現場 施術 施設訪問

リフレクソロジーによって、こんなに足は変わります!

投稿日:

  月に1度ボランティアで行かせていただいている、岐阜県関市にある ほほえみ福寿の家に訪問しました。今回は、当スクールで勉強をされているお二人、IさんとSさんが同行してくださり、3人で行ってきました。

 今回はかなり暖かくなってきたものの、ほとんどの方が車いすでの生活のため、やはり冷え、むくみの強い方が多くいらっしゃいました。

 「むくみに効く」「温まる」「筋肉をやわらかくする」「リラックスする」「意外と風邪がはやっているので、呼吸器系に効く」ということを考慮して使用したのは、

 マカダミアナッツオイルをベースに、”ラベンダースーパー、マスティックトゥリー、ラヴィンツァラ、ベルガモット”の精油をブレンドしたオイルです。

 このオイルを使って、リフレクソロジーを行いました。

 ある方の施術前の右足の状態です。足は紫がかっており、乾燥して皮がめくれており、とても冷えていました。

 こちらは、施術後の足の状態です。リフレクソロジーによって血行がよくなり、色が紫色から本来の肌色に戻りました。温かさも増し、オイルにより潤いもでてきました。

 私たちがこちらの施設を訪れるのは月に1度のことですので、一時的に足が軽くなったと喜んでいただくことができます。しかし、日々このようなケアができれば、利用者の方の日常生活が、今よりもっと楽になるのではと思っています。

 このようなケアができる方が増え、多くの施設や医療現場に取り入れていただけるようになることが、私たちの願いでもあります。ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

 

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 サポートケアリフレクソロジー, ボランティア, リフレクソロジー, 医療現場, 施術, 施設訪問
 ブログ記事一覧

関連記事

自分の技術を磨くことは、自分のためだけでなく、その技術を受けられる方のためにも大切なことです。

リフレクソロジーの復習にきたSさんは、介護福祉士として障害者施設で働いています。(ご本人の了承を得て掲載しています。) そんな中で、毎月最終週の1週間、利用者さんにリフレクソロジーを行うのだそうです。 …

セラピストにとって、想像力を持つことはとても大切です。

私達が施設で施術をさせていくためには、そのためのいろいろな確認が必要です。 例えば、施術を受けられる方の立場になって、実際に受けてみることも、とても重要です。 自分と全く同じ体型や体調の人はいません。 …

問題が起こったら、その原因要因がどこにあるのかを探ると、自ずと解決することができるようになります。

今日は平成最後の、介護施設へのボランティアでした。 今日も、初めて施術を受けられる方がお一人いらっしゃいました。 初めはとても警戒されていて、片足を始めて間もなく、眉間にシワを寄せながら、もういい!金 …

活動を続けることができるのは、同じ気持ちを持つ仲間がいるからです。

いつもお伺いしている施設、「ほほえみ福寿の家」に、今回はIさんとNさんが同行してくれました(ご本人の承諾を得て掲載しています。) この施設に行くようになって、早10年になります。もともとは友人の知人が …

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …