アロマセラピー 植物 蒸留体験

精油の成分を知ることは、どんな効果があるのかを知る鍵になります。

投稿日:2019年6月12日 更新日:


今回入手したクロモジは、海外よりも、日本で生産されたものが注目されています。

そもそも精油とは、香りの成分が集まってできたオイルです。

写真のように、液体として私達は保存保有することができますが、香りを感じるのは、この液体のオイルが気体になった状態で、鼻から嗅覚に入っていくためです。

同じオイルでも、油や脂とは、成分の大きさ自体が全く違ってとても小さいため、簡単に気体になってしまいます。

その成分はたくさんありますが、それぞれの精油の香りは、どのような成分がどれぐらいの割合で含有されているかで決まります。

また、私達が精油を使ったマッサージに使う場合は、液体の状態で皮膚から吸収して、その成分が身体の各所で効果を発揮します。

つまり、その一つ一つの成分が、とても重要になります。

クロモジの主な成分は、リナロールという、血圧を下げたり、不安を和らげたり、免疫力の調整をする、といった作用があります。

このリナロールは、一般的にラベンダーとして好まれるラベンダーアングスティフォリアにも、多く含まれています。

クロモジには、他にも1,8シネオールという、炎症をおさえたり、ウイルスや菌にも強い、風邪など呼吸器系に効果を発揮する成分も含まれます。

それ以外にも多くの成分が含まれており、結果的にクロモジ特有の効果と香りを感じることができます。

私自身、海外生産の精油を使うことが多いのですが、日本で育った樹木に含まれる成分は、食べ物と同様、地産地消、人間の身体にとっても日本人により有効であるのかもしれません。

▼関連のブログはこちらをご覧ください

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 アロマセラピー, 植物, 蒸留体験
 ブログ記事一覧

関連記事

教科書には書いていないことを学ぶアロマセラピー

  なごみでは、リフレクソロジーだけでなく、アロマセラピーを学んでいただくことができます。  今から20年以上前は、今のように「誰でも1度ぐらいアロマ(精油)使ったことがある」というほど、メジャーでは …

ニュージーランド原産のマヌカの精油を使ってみました。

昨年末、ニュージーランドに、アロマの視察旅行に行ってきました。目的の一つは、日本でもマヌカハニーで知られるようになった、マヌカの花を実際に見ることでした。 マヌカの花 こんな感じの、桜に似た可愛らしい …

植物から受け取っているものは、結構たくさんあるようです。

ニュージーランドの原生林 昨年末に行ったニュージーランドでは、日差しが強いこともあり、樹木の成長がとても早いそうです。 今から150年ほど前に、イギリスから来た入植者達が開拓をして、原住民のマオリ族と …

これから介護施設で活躍される方にも、アロマセラピーの良さを知ってもらいたいのです。

以前よりリフレクソロジーやアロマセラピーの講座を受けもたせていただいている ナゴノ福祉歯科医療専門学校で、ハンドマッサージの特別講義をしました。(写真は学校の了承を得て掲載しています。) 始めに13種 …

一つの植物も、様々な用途に使われます。

写真は、先日富山で体験した、クロモジの木の精油の蒸留体験で得てきたものです。 後ろにあるペットボトルには蒸留水、黒い瓶には精油、右のボトルはクロモジの精油をブレンドして作ったスプレー。 さらに蒸留する …