RAHOS アロマセラピー お知らせ サポートケアリフレクソロジー メンテナンス リフレクソロジー 技術確認

名古屋から東京へ。そこで得たものを、また持ち帰ってきます。

投稿日:

 今日から3日間、東京へ行きます。今回5つある目的のうち2つは、自分の技術や知識の研鑽のための研修です。

 そのうちの1つ目は、私たちがマッサージを行う身体をもっと知るために、筋肉や骨のことを勉強するもの。2つ目は、リフレクソロジーのインストラクターとして、皆さんによりよいものを伝えられるよう、その技術や伝達の能力を磨くための研修です。

 また、他の3つの目的のうちの1つは、私の恩師の川口先生が20年以上続けられている、障害者施設でのボランティアに同行させていただくことです。

 こちらでは、アロマオイルを用いたリフレクソロジーを始め、必要に応じた部位のマッサージを行います。私自身は月に1度参加させていただいていますが、その活動自体は毎月4回ずつ行われています。

 2つ目は私自身が川口先生のマッサージを受けることです。私自身のメンテナンスはもちろんのこと、自分が提供できるマッサージがどのようなものなのか、どのようにされたら受けた時にどのように感じるのか、など、私自身が施術をする際にとても必要な感覚を得られる大切なものです。

 最後の1つは、自分達が活動をしているホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)の評議員会を行うことです。この学会での活動を続けていくために、評議員たちが集まって、今後のさまざまな議題について検討していきます。

 また戻りましたら、お伝えできることはブログで紹介したいと思います。

  • ツイッターとフェイスブックで、ブログ更新のお知らせをしています。
    ↓ご興味がありましたらフォローしてくださいね。

    Twitter

    Facebook

 RAHOS, アロマセラピー, お知らせ, サポートケアリフレクソロジー, メンテナンス, リフレクソロジー, 技術確認
 ブログ記事一覧

関連記事

手軽にできるハンドマッサージですが、それでも現場での対応力が必要です。

当スクールの卒業生でもあるSさんが介護福祉士として働いている、デイサービスMasa夢に、ハンドマッサージのボランティアに伺いました。 こちらの施設は、体に障害のある方が通われるデイサービスで、四肢など …

基本の身体の使い方がわかると、応用する幅が広がります。

リフレクソロジーの技術復習にいらっしゃったTさんとMさん(ご本人の了承を得て掲載しています)。 お二人とも高齢者施設でリフレクソロジーを週に1、2回程度行なっています。 Tさんは定期的に復習を受けられ …

これから介護施設で活躍される方にも、アロマセラピーの良さを知ってもらいたいのです。

以前よりリフレクソロジーやアロマセラピーの講座を受けもたせていただいている ナゴノ福祉歯科医療専門学校で、ハンドマッサージの特別講義をしました。(写真は学校の了承を得て掲載しています。) 始めに13種 …

解剖生理を勉強するのは、身体の不調の改善につながるアドバイスを聞いていただくためです。

1日に飲む水分量を気にしてみると、意外と取れていないことに気づきます。 リフレクソロジーの施術をする時は、必ず問診をして、その方のさまざまな情報を確認していきます。 身体に現れている症状の原因がどこに …

大切なことはセラピストになることより、セラピストでい続けることです。

なごみでボディトリートメントの勉強を続けていたNさん、この度試験に合格しました! ここに至るまでには、いくつもの山を乗り越えてきています。 最初はリフレクソロジーを習得、そこで基本となる体の使い方手技 …